媒介契約は不動産売却活動の重要なポイント

媒介契約は不動産売却活動の重要なポイント

不動産会社に不動産売却を依頼すると媒介契約を行う必要があります。
この媒介契約には3種類ありますので紹介して行きましょう。

 

不動産売却をするときに、1社のみに売却依頼をするのが専属専任媒介契約です。
契約期間は3ヶ月間で、週に1回以上の売却活動報告を行う義務があります。
専属専任媒介契約で不動産会社に売却を依頼した場合には、すべて不動産会社に任せることになり個人で買主を見つけても売買契約を結ぶことはできません。

 

専任媒介契約とは、1社との専任契約となりますが、個人で見つけた買主とも売買契約を結ぶことができます。契約期間は3か月で2週間に一度の報告義務があります

 

一般媒介契約は、複数の不動産会社に売却依頼が可能で、個人で見つけた買主とも売買契約を結ぶことができます。

 

媒介契約の内容をしっかりと理解して自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。
媒介契約は、サービス内容がそれぞれ違いますし、売却活動で重要なポイントとなりますので慎重に選びましょう。