不動産売却をするにあたって

不動産売却をするにあたって

不動産売却をするにあたっては、物件を買う側の心理について考えてみることも大切になります。

 

たとえば内覧に訪れた場合に、もしその物件が生活感丸出しだったらどうでしょうか。
いくら買う側が中古物件だということを理解していたとしても、生活感丸出しな物件だと、なかなか買おうという気にはなれません。

 

それまでの生活を続けながら内覧する方を迎える場合には、できるだけ生活感を出さないように掃除や収納などにも気をつけていきましょう。

 

 

次に、物件の短所を長所に変えられるようなポイントについて紹介します。
たとえば、駅から徒歩で1分くらいの駅チカな物件だけれども間取りが狭い物件を売りたいとします。

 

手狭な物件ということは短所になりがちですが、駅から近いということはとても魅力的です。
ですからその場合は、賃貸にした場合に駅チカだと借り手が付きやすいですよなどとアピールするようにしましょう。

 

そうすることで、不動産売却において短所となりえる部分をカバーしやすくなります。